Find us on Facebook

トップダウンロードBOM for Windows>PING監視モジュール Ver1.0.0.5/BOM Ver3.0(全リリース),BOM Ver4.0(全リリース) 対応

拡張モジュール

PING監視モジュール Ver1.0.0.5/BOM Ver3.0(全リリース),BOM Ver4.0(全リリース) 対応

PING監視Ver1.0.0.5

wp02.gif
〈Ping監視Ver1.0.0.5〉は、IPノード(IPを持っている機器)への接続を監視するためのモジュールです。
このモジュールでは、ICMPエコーパケットをIPノードに送信し、
エコー応答パケット(Echo Reply)を受信して、
ネットワーク上の特定のIPノードが機能しているかどうかを監視します。



●機能概要

〈Ping 監視Ver1.0.0.5〉拡張監視モジュールは、二つの判定方法をサポートしています。

1. 平均レスポンス時間
IPノードに対するレスポンスの監視を行います。ここでは、ICMPエコーパケットを指定回数送信し、エコー応答パケットが返送されるまでの平均応答時間(ミリ秒)を取得します。
タイムアウト時間内に エコー応答パケットが返送されない場合は、その回の応答時間は計算に含まれません。エコー応答パケットがすべてタイムアウトした場合は、取得値はタイムアウト時間になります。

2. パケットロスト率
IPノードに対するパケットのロスト率を監視します。ここでは、エコーパケットを指定回数送信し、タイムアウト時間内にエコー応答パケットが返送されなかった確率、つまりロスト率(%)取得します。

また、以下の監視(Ping)条件を設定することが可能です。
・相手先IPアドレス
・送信パケットサイズ
・タイムアウト時間
・リクエスト回数
・インターバル


動作環境及び動作条件
〈Ping監視Ver1.0.0.5〉拡張監視モジュールが動作するコンピュータ
対応しているBOMのバージョン:BOM Ver3.0(全リリース)、BOM Ver4.0(全リリース)に対応。
※同梱のドキュメントに記載された対応バージョン情報は公開当時のものです。
 実際の対応バージョンはWebサイトの公開情報に準拠します。

対応OS:BOMのサポートOSに準拠



--------------------------------------------------------------------------------


BOM拡張監視モジュールとは
自立分散型サーバ監視ツールBOMは、非常に優れた拡張性を持っています。
BOMは、(開発者にとって複雑で時間をかけてSDKを修得しなくても開発できる)簡単なインターフェイス(EXEの標準出力など)を提供しています。
BOM拡張監視モジュールは、この特徴を活かして作成された監視モジュールです。

〈Ping 監視Ver1.0〉拡張監視モジュールの入手方法
BOM拡張監視モジュールとして開発された〈Ping監視Ver1.0〉は、BOMの購入ユーザであれば、当社のHP(ホームページ)から無償にてダウンロードして使用することができます。

〈Ping 監視Ver1.0.0.5〉拡張監視モジュールの技術サポート及び使用許諾について
現在、BOMの技術サポートを受けられている(下記に該当する)ユーザであれば、この〈Ping監視Ver1.0.0.5〉に関する質問は、当社の技術サポートにお問い合わせできます。
・BOMのインシデントサポート契約を締結しているユーザ
また、〈Ping監視Ver1.0.0.5〉の使用許諾内容につきましては、BOMと同等とします。


--------------------------------------------------------------------------------


【2008/02/25 Ping監視モジュール1.0.0.5リリース情報】

2008年2月25日、Ping監視モジュールVer1.0のバグフィックス版を
リリースいたしました。

<アップデート対象>
新たにPing監視モジュールをご利用になるユーザ及び既にご利用中の
ユーザ。

※Ping監視モジュールをご利用中の全てのユーザは、本バージョンへの
 アップデートしていただくことを推奨します。

<ファイル構成>
・モジュール(bomping.dll)
・ユーザーズガイド(Ping監視Ver1.0.0.5.pdf)
・更新履歴

アーカイブファイル(BOMPingMonVer1005.zip)に圧縮してアップ

【モジュール修正内容】
Ver1.0.0.3までのバージョンでは、タイムアウト後に受信したPing Echoパケット
パケットが正しく破棄されず、タイミングによっては次のリクエストに対しての
Echoパケットとして誤認識されて処理されることがありました。
Ver1.0.0.5ではEchoパケットの認識条件を強化し、タイムアウト後に受信した
パケットが誤認識されないように修正しました。

【 更新履歴 】
2005/5/30 ユーザーズガイドの書式修正の上、Webダウンロード用ファイルを更新
2006/12/7 ドキュメントに注意事項追加記載
2008/2/25 パケット誤認識の問題を修正
ドキュメントにタイムアウト発生時の関数の動作についてを注意事項として追加

※ ダウンロードファイルは、監視モジュールとユーザガイド等を含んだ、ZIP形式の圧縮ファイルとなって   います。展開後、同梱されているユーザガイド(PDF)の内容にしたがってご利用ください。

PING監視 Ver1.0.0.5