Find us on Facebook

トップダウンロードBOM for Windows>ServeRAID/テキストログ監視モジュール Ver2.0/BOM Ver4.0(全リリース)対応

拡張モジュール

ServeRAID/テキストログ監視モジュール Ver2.0/BOM Ver4.0(全リリース)対応

■動作環境及び動作条件
〈ServeRAID/テキストログ監視Ver2.0〉監視拡張モジュールが動作するコンピュータ
対応しているBOMのバージョン:BOM Ver4.0(全リリース)に対応。
※ 同梱のドキュメントに記載された対応バージョン情報は公開当時のものです。
実際の対応バージョンはWebサイトの公開情報に準拠します。
対応OS:BOMのサポートOSに準拠

■ ServeRAID/テキストログ監視 Ver1.0からの変更点
 1. BOM Ver4.0(全リリース)に対応しました。
 2. 添付のServeRAIDログのフォーマット定義を、ServeRAIDバージョン(4.84以降)のログにあわせて、
   英文に変更しました。
    重大 -> ERR
    警告 -> WRN
    情報 -> INF
 3. BOMの収集されたイベントログ用のMDBファイルに出力した場合、出力先テーブルを「BOMTLog」
   から、「Application」に変更しました。
 4. イベントカテゴリ項目の出力が一時ファイル(テキスト)への出力時のみと変更しました。
   MDBファイルにはイベントカテゴリ項目の出力は行ないません。

■ ServeRAID/テキストログ監視 Ver1.0からの移行について
 ・ServeRAID/テキストログ監視 VerV1.0に同梱されているテキストログ監視設定の内容
  (BOM管理コンソールでの設定内容)および、ChkTLog.iniは、そのままVer2.0でも利用できます。
 ・ServeRAID/テキストログ監視 VerV1.0に同梱されているServeRAID監視の設定も、
  そのままVer2.0で利用できます。

■ 仕様による制限事項について
 ServeRAID/テキストログ監視 VerV2.0では、仕様上の制限で検索結果が正しく表示されない場合があります。
 詳細に関しましては、以下のサポート技術情報をご確認ください。
 ※既知の現象のうち、いくつかはバージョン「2.0.3.5」にて改善を行いました。

○テキストログ監視で指定文字列を検出できない
 http://www.say-tech.co.jp/support/serveraid/post-3/index.shtml

  ServeRAID/テキストログ監視 Ver2.0