Find us on Facebook

  1. トップ
  2. 製品情報
  3. BOM for Windows Ver.6.0 SR2-システム要件

システム要件

BOM for Windows Ver.6.0 SR2

ソフトウェア動作環境

BOMコンポーネント名 サポートOS ※1
バージョン エディション※7 サービスパック
基本パッケージ Windows XP ※2 Professional SP3
Windows Server 2003 Standard Edition SP2
Enterprise Edition
Web Edition ※8
Standard x64 Edition
Enterprise x64 Edition
Windows Server 2003 R2 Standard Edition SP2
Enterprise Edition
Standard x64 Edition
Enterprise x64 Edition
Windows Vista Business Edition
(32-bit/64-bit)
SP2
Enterprise Edition
(32-bit/64-bit)
Ultimate Edition
(32-bit/64-bit)
Windows Server 2008 ※3 Standard Edition
(32-bit/64-bit)
SP2
Enterprise Edition
(32-bit/64-bit)
Web Edition ※8
(32-bit/64-bit)
Windows 7 Professional Edition
(32-bit/64-bit)
SP1
Enterprise Edition
(32-bit/64-bit)
Ultimate Edition
(32-bit/64-bit)
Windows Server 2008 R2 ※3 Standard Edition SP1
Enterprise Edition
Web Edition ※8
Windows 8 Pro Edition
(32-bit/64-bit)
Updateなし
Enterprise Edition
(32-bit/64-bit)
Windows Server 2012 ※3 Standard Edition Updateなし
Datacenter Edition
Windows 8.1 ※4 Pro Edition
(32-bit/64-bit)
Updateなし~Update1
Enterprise Edition
(32-bit/64-bit)
Windows 10 Pro Edition
(32-bit/64-bit)
Updateなし
Enterprise Edition
(32-bit/64-bit)
Windows Server 2012 R2 ※3 ※4 Standard Edition Updateなし~Update1
Datacenter Edition
Windows Storage Server 2003 ※5 (32-bit/64-bit) SP2
Windows Storage Server 2003 R2 ※5 (32-bit/64-bit) SP2
Windows Storage Server 2008 ※5 (32-bit/64-bit) SP2
Windows Storage Server 2008 R2 ※5 ※6 (64-bit) SP2
Windows Storage Server 2012 ※5 ※6 (64-bit) SP1
Windows Storage Server 2012 R2 ※5 ※6 (64-bit) SPなし

※1 OSへの対応検証はサービスパック単位となっており、個別パッチ(Hotfix、QFEなど)毎の検証は行っておりません。
ただし、個別パッチがBOMの動作に影響を与える場合は、弊社のWebサイトにて情報を提供いたします。

※2 SP2を適用した場合、SP2のセキュリティ機能によりBOMの機能に制限機能が発生するため、 必要に応じてWindowsの設定を変更する必要があります。詳細はマニュアルをご確認ください。

※3 Server Core インストールの場合、代理監視機能によるエージェントレス監視のみサポートしております。

※4 代理監視機能を使用し監視対象とする場合には、対応モジュールを適用していただく必要があります。

※5 Storage Server製品群では、BOMオプション製品は動作対象外です。

※6 Windows Storage Server は代理監視機能によるエージェントレス監視のみサポートしております。

※7 各エディションの64bit版では、Intel64(x64)アーキテクチャのみ動作いたします。
なお、BOM自体は32bitアプリケーションのため、WOW64(Windows-On-Windows 64)上で動作いたします。

※8 Web Editionは代理監視機能によるエージェントレス監視のみサポートしております。

BOMコンポーネント名 サポートデータベース ※1
バージョン エディション
BOMアーカイブデータベース SQL Server 2005 Express Edition※2
Workgroup Edition
Standard Edition
Enterprise Edition
SQL Server 2008 Express Edition※2
Workgroup Edition
Standard Edition
Enterprise Edition
SQL Server 2008 R2 Express Edition※2
Workgroup Edition
Standard Edition
Enterprise Edition
SQL Server 2012 Express Edition※2
Standard Edition
Business Intelligence
Enterprise Edition
SQL Server 2014 Express Edition※2
Standard Edition
Business Intelligence
Enterprise Edition
SQL Server 2016 Express Edition※2
Standard Edition
Enterprise Edition
SQL Server 2017 Express Edition※2
Standard Edition
Enterprise Edition

※1 各データベースが動作するOSは、それぞれのデータベースの動作要件に準拠します。
BOM6.0アーカイブデータベースは認証モードがSQL混合認証でなくてはなりません。

※2 アーカイブDB として Express Edition を使用することができますが、一部の機能が利用できません。
アーカイブ対象コンピュータが数台の小規模環境、もしくは評価環境での利用を推奨いたします。
(制限事項の詳細はユーザーズマニュアル等をご確認ください)

ハードウェア動作環境

基本条件 IA32(x86) もしくはIntel64(x64)アーキテクチャ準拠のコンピュータ
もしくは、VMware、Hyper-Vなど、仮想的に同アーキテクチャを再現できる環境
マルチCPUに対応(OSのサポート範囲に準拠)
CPU OSの推奨環境に準拠
メモリ 搭載メモリ量 OSの推奨環境に準拠
BOM動作時の
占有メモリ容量
1インスタンス辺り20[MB]
ディスク容量 インストール時の
占有ディスク容量
50[MB]
運用時の容量 監視項目数やログデータ量の増加のため2[GB]を推奨
ディスプレイ 解像度 1024 ×768 以上
色数 16bit以上

集中監視コンソール WEB サービス動作環境

CPU Intel Pentium 以降 1GHz デュアルコアCPU以上
メモリ 1GB以上搭載の物理メモリ
512MB以上の空きメモリ
ディスク容量 インストール時の容量 200MBの空き容量
運用時の容量 500MBの空き容量
追加1インスタンスあたり、200MBの空き容量(ポーリング5分、保持期間30日)

集中監視コンソール動作要件

表示確認ブラウザー Internet Explorer 8/9/10/11
Chrome(Andoroid 版を除く) 24/33
Safari iOS 5.1.1に搭載の Safari
iOS 6.0.1に搭載の Safari

BOM Linux オプション 監視対象動作要件

監視先Linuxコンピューター ソフトウェア動作環境
サポートOS ※1,2 ディストリビューション バージョン
Red Hat Enterprise Linux (32-bit/64-bit) 3/4/5/6/7.1~ ※3
Asianux Server (32-bit/64-bit) 2/3/4/7
SUSE Linux Enterprise (32-bit/64-bit) 10/11/12
コンポーネント ※4 ソフトウェア バージョン
OpenSSH Ver.2.3.0 以上
Perl Ver.5.8.0 以上

※1 リストに記載がないディストリビューションでは動作確認をしておりません。
リストに含まれていないディストリビューションにおきましては、リストに記載されたディストリビューションで同様の現象が発生しない不具合はサポート対象外となります。
なお、openSUSE10/11については、正常に動作しないことを確認しましたので、サポート対象外を表明いたします。

※2 Red Hat Enterprise Linux 7.1/SUSE Linux Enterprise 12/Asianux Server7以降は、64-bit版のみの対応です。

※3 Red Hat Enterprise Linux 7は未対応です(7.1より対応)。

※4 各コンポーネントにつきましては、最新バージョンのご利用を推奨いたします。

IPv6環境下ではperl-socket6パッケージがインストールされていること。

bashが使用できること。

監視先Linuxコンピューター ハードウェア動作環境
基本条件 IA32(x86) もしくはIntel64(x64)アーキテクチャ準拠のコンピューター
もしくは、VMware、Hyper-Vなど、仮想的に同アーキテクチャを再現できる環境
マルチCPUに対応(OSのサポート範囲に準拠)
CPU OSの推奨環境に準拠
搭載メモリ量 OSの推奨環境に準拠
BOM動作時の
占有メモリ容量
5[MB]
インストール時の
占有ディスク容量
1[MB]

BOM Oracle オプション 動作要件

基本条件、サポートOS BOM for Windows Ver.6.0が動作する環境
監視対象 ※1 Oracle9i Database Release 1 (9.0.1)
Release 2 (9.2.0)
Oracle Database 10g Release 1 (10.1.0)
Release 2 (10.2.0)
Oracle Database 11g Release 1 (11.1.0)
Release 2 (11.2.0)
Oracle Database 12c ※2 Release 1 (12.1)
Release 2 (12.2)

※1 OSと監視対象Oracle Databaseの組み合わせに関しては、Oracle Databaseの動作要件に準拠します。

※2 ダウンロードページよりOracle Database 12c対応モジュールを入手し、適用する必要があります。

BOM SQL Server オプション 動作要件

基本条件、サポートOS BOM for Windows Ver.6.0が動作する環境
監視対象 ※1,2,3 SQL Server 2005 (64bit) 各エディション SP4
SQL Server 2008 (64bit) 各エディション SP3
SQL Server 2008 R2 (64bit) 各エディション SP2
SQL Server 2012 (64bit) 各エディション SP1~4
SQL Server 2014 (64bit) 各エディション SPなし~1
SQL Server 2016 各エディション SPなし~1
SQL Server 2017 各エディション SPなし

※1 SQL Server オプションは64bit環境のみサポート対象です。(32bit環境下では正常に動作しません)

※2 OSと監視対象SQL Serverの組み合わせに関しては、SQL Serverの動作要件に準拠します。

※3 監視対象のSQL ServerがSQL Server オプションと同一コンピューター上にインストールされている必要があります。

BOM VMware オプション 監視対象要件

監視対象
ESXホスト バージョン
VMware ESX 4 / 4.1
VMware ESXi 4 / 4.1 / 5 / 5.1 / 5.5 ※1 / 6.0 ※2 / 6.5 ※3
VMware vSphere Hypervisor 4.1 (VMware ESXi 4.1)
VMware vSphere 4.1 / 5 / 5.1 / 5.5 ※1 / 6.0 ※2 / 6.5 ※3

※1 ESXi5.5/vSphere 5.5を監視する際には、対応モジュールを適用していただく必要があります。

※2 ESXi6.0/vSphere 6.0を監視する際には、対応モジュールを適用していただく必要があります。

※3 ESXi6.5/vSphere 6.5を監視する際には、対応モジュールを適用していただく必要があります。

BOM Citrix XenApp オプション 動作要件

基本条件、サポートOS BOM for Windows Ver.6.0 が動作する環境
監視対象 ※1 Citrix Presentation Server Presentation Server® 4.0
Presentation Server® 4.5
Citrix XenApp XenApp® 5.0
XenApp® 6.0
XenApp® 6.5
Windows Terminal Service Windows 2000 Server Terminal Service (RDP 5.2)
Windows Server 2003 Terminal Service (RDP 6.1)
Windows Server 2008 Terminal Service (RDP 7.1)

※1 OSとBOM for Windows の組み合わせに関しては、BOM for Windows の動作要件に準拠します。

※2 OSと監視対象Presentation Serverの組み合わせに関しては、Presentation Serverの動作要件に準拠します。

※3 IPv6環境下では正常に動作いたしません。

BOMバージョン情報

メディアバージョン※1 変更点
2013/05 B6 DVD 初版リリース
2014/04 B6 DVD 前版(2013/05 B6 DVD)より、以下のパッケージを追加
BOM6-RP20140415.exe 2.19.1.2 RollupPackage2014.04.15
「BOM6-RP20140415.exe」適用時に、以下のモジュールを改訂
Bom6Helper.dll 6.0.0.54 SNMPトラップ受信機能対応
BomAgent.exe 6.0.0.51 SNMPトラップ受信機能対応
BomArchive.dll 6.0.0.51 不具合修正
BomArcMailPop.exe 6.0.0.51 不具合修正
BomCmd.exe 6.0.0.46 SNMPトラップ受信機能対応
BomCmdInstance.exe 6.0.0.54 SNMPトラップ受信機能対応
BomDBMon32.exe 6.0.0.21 Oracle監視(表領域の使用容量・使用率)修正モジュール
BomDBMon64.exe 6.0.0.21 Oracle監視(表領域の使用容量・使用率)修正モジュール
BomSNMPManager.exe 6.0.0.51 SNMPトラップ受信機能対応
BomSNMPWizard.exe 6.0.0.51 SNMPトラップ受信機能対応
BOMSQLMon.exe 6.0.0.22 不具合修正
BomVmMon.exe 6.0.0.22 追加機能
MxAdmin.dll 6.0.0.56 不具合修正
MxAdminSub.exe 6.0.0.52 不具合修正
MxDeployConfUI.exe 6.0.0.51 SNMPトラップ受信機能対応
MxDeployWizard.exe 6.0.0.51 SNMPトラップ受信機能対応
MxEvtlogMon.exe 6.0.0.56 イベントログ監視修正モジュール
MxProcListMon.exe 6.0.0.53 プロセスリスト監視修正モジュール
MxSysConf.exe 6.0.0.51 SNMPトラップ受信機能対応
MxTxtlogMon.exe 6.0.0.22 テキストログ監視修正モジュール
snmptrap.exe 5.6.2.0 SNMPトラップ受信機能対応
前版より、以下のマニュアルを追加
BOMW6.0-RollupPackageで追加_改善された機能について.pdf RollupPackage2014.04.15対応(新規)
BOMW6.0-RollupPackageリリースノート.pdf RollupPackage2014.04.15対応(新規)
BOMW6.0-RollupPackage操作マニュアル.pdf RollupPackage2014.04.15対応(新規)
BOMW6.0-SNMPトラップ受信機能ユーザーズマニュアル.pdf SNMPトラップ受信機能対応(新規)
2014/10 SR1 DVD SR1 リリース

※1 メディアバージョンはインストールメディアの表面に印字されています。

※2 改訂モジュール・マニュアルには、新規作成のものを記載しておりませんのでご注意ください。

※3 BOM6を最新版に更新するには、ダウンロードより 最新版への差分アップデートをご利用ください。