Find us on Facebook

  1. トップ
  2. 製品情報
  3. BOM for Windows-システム要件

システム要件

BOM for Windows Ver.7.0

ソフトウェア動作環境

BOMコンポーネント名 サポートOS ※1
バージョン エディション サービスパック/Update
基本パッケージ Windows 7 Professional Edition
(64-bit)
SP1
Enterprise Edition
(64-bit)
Ultimate Edition
(64-bit)
Windows Server 2008 R2 ※2 Standard Edition SP1
Enterprise Edition
Datacenter Edition
Windows Server 2012 ※2 Standard Edition Updateなし
Datacenter Edition
Windows 8.1 Pro Edition
(64-bit)
Update1
Enterprise Edition
(64-bit)
Windows Server 2012 R2 ※2 Standard Edition Update1
Datacenter Edition
Windows 10 Pro Edition
(64-bit)
バージョン 1511以降
Enterprise Edition
(64-bit)
Windows Server 2016 ※2 Standard Edition Updateなし
Datacenter Edition
Windows Storage Server 2012 ※3 ※4 (64-bit) Updateなし
Windows Storage Server 2012 R2 ※3 ※4 (64-bit) Update1
Windows Storage Server 2016 ※3 ※4 (64-bit) Updateなし

※1 OSへの対応検証はサービスパック単位となっており、個別パッチ(Hotfix、QFEなど)毎の検証は行っておりません。
ただし、個別パッチがBOMの動作に影響を与える場合は、弊社のWebサイトにて情報を提供いたします。

※2 Server Core インストールの場合、代理監視機能によるエージェントレス監視のみサポートしております。

※3 Storage Server製品群では、BOMオプション製品は動作対象外です。

※4 Windows Storage Server は代理監視機能によるエージェントレス監視のみサポートしております。

BOMコンポーネント名 サポートデータベース ※1
バージョン エディション
BOMアーカイブデータベース SQL Server 2008
(32-bit/64-bit)
Express Edition※2
Workgroup Edition
Standard Edition
Enterprise Edition
SQL Server 2008 R2
(32-bit/64-bit)
Express Edition※2
Workgroup Edition
Standard Edition
Enterprise Edition
SQL Server 2012
(32-bit/64-bit)
Express Edition※2
Standard Edition
Business Intelligence
Enterprise Edition
SQL Server 2014
(32-bit/64-bit)
Express Edition※2
Standard Edition
Business Intelligence
Enterprise Edition
SQLServer 2016
(32-bit/64-bit)
Express Edition※2
Standard Edition
Enterprise Edition

※1 各データベースが動作するOSは、それぞれのデータベースの動作要件に準拠します。
BOM7.0アーカイブデータベースは認証モードがSQL混合認証でなくてはなりません。

※2 アーカイブDB として Express Edition を使用することができますが、一部の機能が利用できません。
アーカイブ対象コンピュータが数台の小規模環境、もしくは評価環境での利用を推奨いたします。
(制限事項の詳細はユーザーズマニュアル等をご確認ください)

ハードウェア動作環境

基本条件 Intel64(x64)アーキテクチャ準拠のコンピューター
もしくは、VMware、Hyper-Vなど、仮想的に同アーキテクチャを再現できる環境
マルチCPUに対応(OSのサポート範囲に準拠)
CPU OSの推奨環境に準拠
メモリ 搭載メモリ量 OSの推奨環境に準拠
BOM動作時の
占有メモリ容量
1インスタンス辺り20MB
ディスク容量 インストール時の
占有ディスク容量
50MB
運用時の容量 監視項目数やログデータ量の増加のため3GBを推奨
ディスプレイ 解像度 800×600 以上の解像度、推奨 1024×768 以上
色数 256色以上

集中監視コンソール WEB サービス動作環境

CPU Intel Pentium 以降 1GHz デュアルコアCPU以上
メモリ 1GB以上搭載の物理メモリ
512MB以上の空きメモリ
LANアダプター 100BASE-TX 以上
ディスク容量 インストール時の容量 200MBの空き容量
運用時の容量 500MBの空き容量
追加1インスタンスあたり、200MB程度の空き容量(ポーリング 5分、保持期間 30日)
OS BOM7.0 のサポートOSに準拠

集中監視コンソール動作要件

表示検証ブラウザー Internet Explorer 10, 11 にて表示検証
Microsoft Edge 38.14393.0.0 にて表示検証
Google Chrome 64bit 用 53.0.2785.143m にて表示検証

BOMバージョン情報

メディアバージョン※1 変更点
2017/03 B7 DVD 初版リリース

※1 メディアバージョンはインストールメディアの表面に印字されています。