Find us on Facebook

  1. トップ
  2. 製品情報
  3. BOM for Windows-SQL Server オプション Ver.7.0

SQL Server オプション Ver.7.0

しきい値を基準とした監視項目

MS SQL Serverは、企業内のデータベース、Webサイトのバックボーン、商用サービスの基盤として、規模の大小を問わず多数の企業に利用されています。
24h/365dの連続稼働が基本であるデータベースの可用性は、システム全体として非常に重要なポジションにありながら重要視されていない場合があります。
SQL Server オプション Ver.7.0は、SQL Serverの基本部分を監視する目的で、使いやすいUIや正確な監視機能でご好評をいただいている BOM for Windows Ver.7.0 のオプション製品として開発されました。

『SQL Server オプション Ver.7.0』では、osql ユーティリティやsqlcmd ユーティリティ等のCUI操作や SQL Server Management Studio で取得していた、 SQL Serverの表領域の使用量などを、一定間隔で自動取得し、しきい値をベースとした監視を実行します。
SQL Server オプション Ver.7.0は、取得した監視値をユーザーが設定したしきい値により判定し、正常/異常のステータスをを表示します。 また、判定したステータスをキーに、通知やアクションを実行することが可能となっており、異常動作の予兆をいち早く検知し通知を行うことにより、 SQL Serverの可用性の維持に大きな役割を果たします。

SQLオプション

監視機能

  • データーベースの使用容量、使用率監視
  • 同時セッション数監視
  • データーベースのの最大空き容量監視
  • エクステント増分回数
  • ストアドファンクションの実行

システム要件

SQL Server オプション Ver.7.0 動作環境

基本条件 BOM for Windows Ver.7.0 が動作する環境
サポートOS ※1 BOM for Windows Ver.7.0 が動作する環境
監視対象 ※2 ※3 SQL Server 2014 各エディション SP2
SQL Server 2016 各エディション SPなし

※1 SQL Server オプションは64bit環境のみサポート対象です。(32bit環境下では正常に動作しません)

※2 OSと監視対象SQL Serverの組み合わせに関しては、SQL Serverの動作要件に準拠します。

※3 監視対象のSQL ServerがSQL Server オプションと同一コンピューター上にインストールされている必要があります。