Find us on Facebook

  1. トップ
  2. 製品情報
  3. BOM for Windows-VMware オプション Ver.7.0

VMware オプション Ver.7.0

製品概要

製品概要
 単一筐体に複数のサーバーOSを搭載し、省スペース/省電力/低コストで運用する仮想化技術の進化に伴い、サーバー OS を取り巻く環境は日々劇的に変化し続けています。
 そして大きな進化を遂げるハードウェアや OS に対して、システム管理業務はイベントログやディスク容量の確認から、不正アクセスの監視、パフォーマンス低下の調査など日々変わることがなく、サーバーの仮想化により際限なく増加する運用 OS 数はそのままシステム管理者の負担として圧し掛かります。


 セイ・テクノロジーズは、サーバー監視ソフトウェア開発に関わる20年間の経験から、「より低コストで」「より使いやすく」「より正確な」監視ツールの存在が、サーバー管理者への負担を劇的に減少させることを知っています。
 ホスト OS とゲスト OS を統合的に監視し、各 OS で発生した危険な状態を自動的に検知し通知する...セイ・テクノロジーズが 20 年に渡って積み重ねたノウハウを余すところなく注ぎ込んだ、BOM for Windows Ver.7.0 のオプション「BOM VMware オプション Ver.7.0」は、増加し続ける負担からシステム管理者を解放します。

監視コンソールの互換性

 BOM VMware オプション Ver.7.0 SR2 は、BOM for Windows Ver.7.0 およびそのオプション製品群と同様に、全てのオペレーションを Windows 標準の Microsoft Management Console (MMC) 上から実行できます。

 そして、BOM VMware オプション Ver.7.0 の利用にあたっては、それ専用のコンピューターを準備する必要がなく、すでに BOM による Windows 監視が実行されている環境があればそこへの追加インストールで、まだ BOM が導入されていない場合でも VMware 上のゲスト OS へ BOM 基本パッケージと供にインストールすることで、VMware の監視が可能となります。
 もちろん、この環境からは VMware の監視だけではなく、Windows 監視、Oracle 監視、Linux 監視など、BOM とそのオプション群がカバーするの全ての対象へ監視を実行することも可能です。

 VMware ESX 上では、Virtualization Layer から API を経由して直接情報を取得します。これにより、ホストOSのパフォーマンス情報のみにとどまらず、ゲスト OS の情報やハードウェアの情報まで対象とした監視を実現しました。

VMオプションのUI

Windows 標準の UI でシンプルな監視を

VMware ストレージ空き容量監視 VMware ハードウェアステータス監視 VMware パフォーマンスカウンタ監視

 Windows には Windows 用の監視ツール、Linux には Linux 用の監視ツール、Oracle Database にも SQL Server にも...。

 BOM はオプションを含めた全ての製品で Microsoft Management Console (MMC) をベースとした操作画面を提供しており、一貫したユーザーインターフェースを実現しています。
 Windowsの監視もLinuxの監視も、そしてデータベースの監視も BOM に任せていただくことで、統一された操作による、直感的な設定作業を実現できます。

監視機能概要

 VMware オプション Ver.7.0 は、Windows OS 上から VMware ESX ホストへ接続し、以下の監視機能とアクション機能を提供します。わかりやすく直感的な操作で導入時の工数を削減するとともに、日常の運用に関するシステム管理者の負荷を大幅に低減します。

監視1 監視2

監視項目、アクション項目一覧

監視項目名 機能概要
VMware ストレージ空き容量監視 ESX ホストまたは仮想マシンのストレージ空き容量を監視
VMware ハードウェアステータス監視 ※1 ESX ホストのハードウェアステータスを監視
VMware ステータス監視 ESX ホストまたは仮想マシンのステータスを監視
VMware 仮想マシン数監視 ESX ホスト上に存在する仮想マシン数の監視
VMware パフォーマンスカウンター監視 ESX ホストまたは仮想マシンのパフォーマンスを監視
VMware イベント監視 ESX ホストが出力するイベントログのメッセージを監視
VMware タスク監視 ESX ホストが出力するタスクログのメッセージを監視
BOM ヒストリー監視 BOM が出力するヒストリーログを監視  ※基本パッケージと同機能
Ping 監視 Ping(ICMP ECHO)を発行しレスポンスを監視 ※基本パッケージと同機能
ポート監視 リモートコンピューターのTCP/UDPポートの状態を監視 ※基本パッケージと同機能
VMware ビューアーデータ収集 VMware ログビューアーで表示するための各種データを収集
カスタム監視 任意のプログラムを実行し、その出力結果を監視 ※基本パッケージと同機能
アクション項目名 機能概要
監視有効/無効 監視グループ/監視項目の有効化/無効化制御 ※基本パッケージと同機能
メール送信 SMTP 形式のメール通知 ※基本パッケージと同機能
SNMP トラップ送信 SNMP(v1/v2c/v3)形式のトラップ送信による通知 ※基本パッケージと同機能
イベントログ書き込み Windowsイベントログへの書き込みによる通知 ※基本パッケージと同機能
カスタムアクション 外部アプリケーションを利用した制御/通知 ※基本パッケージと同機能
VMware ステータスコントロール ESX ホストまたは仮想マシンのステータス制御

※1 VMware ハードウェアステータス監視は、この監視の情報取得元となる ESX ホスト上のハードウェア健全性において「不明」が頻発するなど監視情報としての信頼性に低下が見られることから、BOM for Windows Ver.7.0 SR2 では弊社として非推奨としています。

専用のログビューアーとレポート

 VMware オプション Ver.7.0 で取得したパフォーマンスデータや監視データは、BOM アーカイブと BOM Report オプションを利用する事により Windows 監視と同様にレポート化が可能ですが、その他に VMware オプションのデータのみをリアルタイム表示し、レポートオプションを使わずに簡易レポートを出力する「VMware ログビューアー」を提供します。
 この機能により、VMware 監視のみで構成された小規模な環境での管理コストの削減を実現します。

VMware ログビューア画面A VMware ログビューア画面B
VMware レポート出力A VMware レポート出力B

動作要件

◆監視対象の要件

BOM VMware オプション Ver.7.0 SR2 は、以下の VMware バージョンの監視に対応しています。

監視対象の VMware バージョン
ESX ホスト バージョン
VMware ESXi 5.5 / 6.0 / 6.5 / 6.7
VMware vSphere 5.5 / 6.0 / 6.5 / 6.7

◆監視元 Winsdows コンピューターの動作要件

BOM VMware オプション Ver.7.0 SR2 を導入する監視元コンピューター(BOMが動作するコンピューター)は、以下を要件とします。

監視元 Windows コンピューター
基本条件 BOM for Windows Ver.7.0 SR2 が動作する Windows Server ベースのコンピューター環境
サポート OS BOM for Windows Ver.7.0 SR2 システム要件を確認してください。

OSとBOM for Windowsの組み合わせに関しては、BOM for Windowsの動作要件に準拠します。
監視データを保持するために、監視元コンピューターには、1インスタンス当たり15GBの容量を確保してください。

◆VMware ログビューアーの動作要件

VMware ログビューアーは、以下の OS に対応しています。

VMware ログビューアー動作環境
閲覧環境 BOM for Windows Ver.7.0 SR2 が動作する環境

ログを閲覧するためには .Net Framework Ver.3.5 SP1 をインストールする必要があります。
VMware ログビューアーの表示環境としては、1280×1024以上の解像度を推奨します。