Find us on Facebook

トップダウンロードBOM for Windows>名前付きインスタンス対応版「Bom5Job.bat」

BOM5.0 BOMアーカイブ

名前付きインスタンス対応版「Bom5Job.bat」

[使用可能なBOMのバージョン:BOM for Windows Ver.5.0 SR3]

アーカイブサーバーメンテナンススクリプト「Bom5Job.bat」の名前付きインスタンス対応版を公開いたします。

[ご案内]
BOM5.0 SR3に同梱されているメンテナンススクリプトは、既定のインスタンスのみ対応しております。

一方で、SQL Server Express Editionでは既定のインストールにて名前付きインスタンス「SQLEXPRESS」をインストールします。
そのため、既定のインスタンス「MSSQLSERVER」ではなく、名前付きインスタンス「SQLEXPRESS」で運用されるお客様が少なくないことが確認できました。

そういったお客様の利便性を考慮し、メンテナンススクリプトも名前付きインスタンスへ対応いたしました。

[適用手順]

  1. BOM5.0 SR3以前のアーカイブサーバーをご利用のお客様は、BOM for Windows Ver.5.0 SR3バージョンアップインストーラを適用し、アーカイブサーバー管理メニュー及びアーカイブサーバーをSR3へアップグレードします。
  2. アーカイブサーバー導入フォルダーに格納されている「Bom5Job.bat」の名前を「bk_Bom5Job.bat」に変更します。
      ※既定では、アーカイブサーバーは以下のフォルダーに導入されます。
       [C:\Program Files\SAY Technologies\BOM5DB]
  3. ダウンロードしたZIPファイルから名前付きインスタンス対応版「Bom5Job.bat」を展開し、アーカイブサーバー導入フォルダーに格納します。

[注意事項]

  • メンテナンススクリプト「Bom5Job.bat」は、そのままでは動作いたしません。
    タスクスケジューラー等に登録して定期実行いただいたり、手動で定期的に起動いただく必要があります。
  • メンテナンススクリプト「Bom5Job.bat」が名前付きインスタンスに接続するには、アーカイブサーバー管理メニューの<ins'T'ance>コマンドにて、接続するインスタンス名を指定している必要があります。

名前付きインスタンス対応版「Bom5Job.bat」