サーバー設定仕様書自動生成サービス
『SSD-assistance』

SSD-assistance_Logo

 

製品概要

 非常にマンパワーを要する面倒なサーバー設定仕様書の作成作業を、劇的に省力化できるサービス、それがサーバー設定仕様書自動生成サービス「SSD-assistance」です。

 SSD-assistance を利用することにより、Windows サーバー、クライアント、Linux サーバーの設定仕様書が、誰もが高いレベルで均質に、そしてごく短時間で簡単に作成できます。

こんな悩みも SSD-assistance があれば...

ssda-nayami0

 設定仕様書の作成工数が大きな負担になっている

 設定仕様書が更新されておらず、現状のシステムが把握できていない

 部署間、担当者間で設定仕様書が共有されず、無駄が生じている

 仕様書のフォーマットが存在せず、記載内容や品質が、作成するエンジニアのスキルに左右される

ssda-nayami

 

採って、上げて、受け取る!

わずか 3 ステップの簡単操作

ssda-3step

 

編集も自由にできる、
多彩なフォーマットデザインをご用意

 可読性重視のデザインから、一覧性に優れたデザイン、そして異なる二つの環境を比較できるデザインなど、多様なニーズに対応できる複数のフォーマットデザインをご利用いただけます。また、昨今特に重要性を増す WSUS(Windows Server Update Services)については、専用のデザインもご用意しております。

 生成される設定仕様書は、すべて xlsx(Microsoft Excel)形式のファイルですので、情報の追加削除など、編集も自由に行っていただけます。

 実際の出力サンプル(pdf 形式)につきましては、カタログセンターよりダウンロードいただけますので、ぜひご確認ください。


01-01

可読性重視のデザイン

 ラジオボタンやチェックボックスなど、Windows の UI をそのまま仕様書に落とし込むことをイメージしたデザインです。

 Linux サーバーでも同様の書式が利用できますので、異なる OS で統一感のあるドキュメントとして、納品書類などにも活用いただけます。

02-02

一覧性重視のデザイン

 採取した設定情報をリスト状に一覧で出力するデザインです。

 縦方向の並び順は固定ですので、列ごとコピーしていただくことにより、複数の環境情報を 1 つの設定仕様書にまとめることもできます。

03-01

差分比較デザイン

 2 つの採取情報を並列に配置し、比較して設定値の異なる項目には色がつくデザインです。

 異なる 2 つの環境を比較することはもちろん、同じ環境で採取した異なるタイミングの情報を比較することで、障害時の調査などにも活用できます。

設定仕様書出力項目

Windows サーバー / Windwos 10 設定仕様書

システム設定

  • システム
  • Windows Update
  • デバイスのインストール設定
  • パフォーマンス
  • 起動と回復
  • 環境変数
  • リモート
  • 日付と時刻

システム構成

  • ディスク
  • ドメイン
  • ハード
  • NIC
  • ipconfig /all
  • Hotfix
  • Hyper-V
  • サーバーの役割と機能
  • サービス
  • アプリケーション

Windows Server Update Services (WSUS)

  • サービス
  • インストールパラメーター
  • オプション
  • コンピューターグループ
  • ポリシーパラメーター
  • WebSite
  • IISInfo
  • BITS
  • 関連サービス

Microsoft Internet Information Services (IIS)

  • インストール情報
  • サイト一覧
  • アプリケーション プール
  • Web サイトの既定値と詳細設定
  • Web サーバー機能設定
    • HTTP 機能
    • サーバーコンポーネント
    • セキュリティ
    • パフォーマンス
    • 状態と診断
    • その他 (共有構成)
  • Web サイト機能設定
    • HTTP 機能
    • サーバーコンポーネント
    • セキュリティ
    • パフォーマンス
    • 状態と診断
  • 関連サービス

Microsoft Active Directory (AD)

  • フォレスト
  • ドメイン
  • ドメインコントローラー
  • コンピューター
  • ユーザー
  • グループメンバー
  • グループポリシー
  • レプリケーションサイト

Firewall

  • サマリー
  • Windows Defender ファイアウォール
  • 接続セキュリティの規則
  • 受信の規則/送信の規則

ローカルユーザーとグループ

  • Windows ローカルユーザー
  • 各ローカルユーザーのプロパティ
  • 各グループのプロパティ

共有フォルダー

  • 共有フォルダー
  • 各共有フォルダーのプロパティ
  • Active Directoryで公開している共有フォルダー

タスクスケジューラ

  • サマリー
  • 詳細

Domain Name System (DNS) Dynamic Host Configuration Protocol

  • DNS Server サービス
  • サーバーのプロパティ
  • 前方参照ゾーン・逆引きゾーン
  • 条件付きフォワーダー

Dynamic Host Configuration Protocol (DHCP)

  • DHCP Server サービス
  • サーバーのプロパティ
  • IPv4
  • IPv6

その他

  • ローカルグループポリシー
  • シャドウコピー
  • NICチーミング
  • 適用されているポリシー
    ("GPRESULT /V /SCOPE COMPUTER"の結果)

Linux サーバー設定仕様書

システム情報

  • システムの情報

ソフトウェア

  • インストール済みソフトウェア一覧
  • サービスの起動設定一覧
  • yumグループリスト
    (全てのパッケージグループを一覧表示)

ネットワーク

  • ネットワークインターフェイス
  • ドメインネームシステム (DNS)
  • ネットワーク・インフォメーション・サービス (NIS)
  • SSH 接続
  • チーミング

ディスク

  • 物理ディスク
  • パーテーション
  • ボリュームグループ
  • 物理ボリューム
  • 論理ボリューム
  • ディスク容量
  • マウント設定

ユーザーとグループ

  • ユーザー
  • グループ

その他

  • 日付と時刻
  • NTP
  • ログローテーション
  • SELinux
  • カーネルパラメーター

選べるご利用プラン

各プランのご利用価格など、詳細な情報につきましては、「お問い合わせフォーム」よりお問い合わせください。

ネームドプラン

ユーザー単位の課金で、ほぼ使い放題の月額プランです。

品名 SSD-Aネームドプラン
契約形態 年間契約
最低契約ユーザー数 3 名
生成可能な仕様書数 1 名につき、月間 500 部

スポットプラン

短期間集中的に利用したり、プロジェクトの作業費用として発注されたい企業様におすすめのプランです。

品名 SSD-Aスポットプラン
契約形態 月間契約
最低契約ユーザー数 1 名
生成可能な仕様書数 1 名につき、月間 500 部

チケットプラン

チケット方式で、生成が必要な仕様書の数だけ購入できるプランです。

品名 SSD-Aチケットプラン
契約形態 買い切り
登録可能ユーザー数 1 名
生成可能な仕様書数 5 部
有効期限 チケット登録から1年

オンプレミスプラン

採取した設定情報を Web 上にアップロードするのが難しい企業様におすすめのプランです。

品名 SSD-Aオンプレミス版ネームドプラン
年間契約 買い切り
最低契約ユーザー数 10 名
生成可能な仕様書数 1 名につき、月間 500 部

サービス更新情報

 設定仕様書の出力対象追加や、フォーマットデザインのブラッシュアップ、設定仕様書生成速度の向上など、SSD-assistance は常に進化し続けます。

2021/4/9

 

Windows OS の Internet Information Services (IIS) に対応した新デザインを追加しました。

またこのデザイン追加に合わせ、IIS に関する設定仕様書出力項目を大幅に拡充しております。

2020/10/9

 

[Windows] 対応する各設定仕様書デザインで、以下の情報を出力するよう更新
  • ipconfig /all の実行結果
  • DNS機能における設定値
  • DHCP機能における設定値
  • 共有フォルダーのアクセス権

[Linux] 以下の情報を設定仕様書に出力するよう更新

  • NIS (Network Information Service) の設定値

対象の環境として、下記のクラウドサービスでの動作を検証

  • Amazon Web Services(AWS)
  • Microsoft Azure

2020/8/31

2020年9月1日より月間契約でご利用いただける「スポットプラン」の提供を開始します。詳細は、営業部までお問い合わせください。

2020/6/5

 

オンプレミス版の SSD-assistance がバージョンアップし、クラウドサービス版の更新(2020/4/15)を反映しました。

2020/4/15

 

[Linux] Red Hat Enterprise Linux および CentOS の 7.x / 8.x の設定仕様書生成に対応。出力される情報は以下の通りです。

  • システム情報
  • ソフトウェア情報
  • ネットワーク情報
  • ディスク情報
  • ユーザーとグループ
  • その他 (日付と時刻、ログローテーション、SELinux、カーネルパラメーター)

[Windows] 新たな設定情報の出力に対応

  • OS:バージョンとビルド
  • 更新とセキュリティ:Windows 10 における Windows Update for Business
  • 管理ツールの Windows Update ポリシー:自動更新の構成
  • NIC:サブネットマスク、DHCP有効/無効、DHCPサーバー、DNSサーバー
  • NIC チーミング:チーム、メンバー
  • GPRESULT (コンピューターに適用されているポリシー。ユーザーは未対象)
  • Firewall のサマリー (受信/送信の規則リスト) 

2019/9/22

[Windows] 選択できる仕様書のデザインを大幅に拡張。以下のデザインが追加されました。

  • 基本デザイン
  • パラメーターシート
  • 差分比較デザイン
  • WSUSデザイン
  • パラメーターシート(Windows10対応)

仕様書生成のプロセスを見直し、設定仕様書送付までの所要時間を削減

クラウドサービスのご利用が難しいお客様に向けて、オンプレミス版 SSD-assistance をリリース

動作環境と要件

対応 OS (情報採取および設定仕様書生成)
OS エディション / バージョン SP / Update
Windows Server 2019
デスクトップエクスペリエンス
Standard Edition
Datacenter Edition
Windows Server 2016
デスクトップエクスペリエンス
Standard Edition
Datacenter Edition
Windows Server 2012 R2 Standard Edition
Datacenter Edition
Update 1
Windows 10 (64-bit) Pro Edition
Enterprise Edition
バージョン 1803 以降
Red Hat Enterprise Linux (※) 7.1 以降
8.0 以降
CentOS (※) 7.1 以降
8.0 以降

※ Linux サーバーの設定情報は、Windows OS 上で Linux 用情報採取ツールを実行し、対象の Linux サーバーに SSH 接続して採取します。

 

Linux 用情報採取ツールを実行環境
OS エディション / バージョン SP / Update
Windows Server 2019
デスクトップエクスペリエンス
Standard Edition
Datacenter Edition
Windows Server 2016
デスクトップエクスペリエンス
Standard Edition
Datacenter Edition
Windows 10 (64-bit) Pro Edition
Enterprise Edition
バージョン 1903 以降

 

Linux 用情報採取ツール SSH 接続条件
証明書フォーマット PEM
暗号方式 RSA、DSA
アルゴリズム DES-EDE3-CBC、DES-EDE3-CFB、DES-CBC、AES-128-CBC、AES-192-CBC、AES-256-CBC