Find us on Facebook

トップダウンロードBOM for Windows>監視オプション for Linux Ver.5.0 SR3向けセキュリティパッチ

監視オプション for Linux Ver.5.0

監視オプション for Linux Ver.5.0 SR3向けセキュリティパッチ

[ご案内]
適用を推奨するバージョン:監視オプション for Linux Ver.5.0 SR2〜SR3
適用可能なバージョン:監視オプション for Linux Ver.5.0 SR3

本モジュールは、「Linuxオプション向けのセキュリティパッチご提供」に掲載した 不具合を対処した修正モジュールです。

[注意事項]
本修正モジュールは、BOM for Windows Ver.5.0のオプション製品である、 「監視オプション for Linux Ver.5.0」の、SR3専用モジュールです。
SR3より前の監視オプション for Linux Ver.5.0をご利用のお客様は BOM for Windows Ver.5.0 SR3バージョンアップインストーラにて、 SR3にアップグレードした上で適用してください。

[適用手順]


  1. SR3より前の監視オプション for Linux Ver.5.0をご利用のお客様は、 BOM for Windows Ver.5.0 SR3バージョンアップインストーラを適用し、 監視オプション for Linux Ver.5.0をSR3へアップグレードします。
  2. BOM監視サービスが起動している場合、BOM監視サービスを終了します。
  3. エクスプローラを起動し、以下のパスを選択します。
      [BOMインストールディレクトリ]\bin
      ※既定では、BOM for Windows Ver.5.0は以下のフォルダーに導入されます
      [C:\Program Files\SAY Technologies\BOMW5]
  4. 上述のフォルダーに存在する MxLinuxMon.exe のファイル名をold_MxLinuxMon.exe に変更します。
  5. 上述のフォルダーに、修正モジュール MxLinuxMon.exe をコピーします。

監視オプション for Linux Ver.5.0 SR3向けセキュリティパッチ