Find us on Facebook

トップダウンロードBOM for Windows>SR3向け暗号化データチェック機能修正モジュール

監視オプション for Oracle Ver.5.0

SR3向け暗号化データチェック機能修正モジュール

[ご案内]
適用を推奨するバージョン:監視拡張オプション for Oracle Ver.5.0 SR3

本モジュールは、以下の技術情報に掲載した不具合に対処した修正モジュールです。
Oracleへの接続確認でエラーが発生する

[注意事項]
本モジュールは監視拡張オプション for Oracle Ver.5.0 SR3専用です。
SR2以前への適用は必要ありません。
また、次期SRでは修正版を包含する予定です。

[適用手順]
以下の手順で修正モジュールを適用してください。

  1. ローカルコンピュータで動作しているBOM関連の全コンソールを終了します
  2. スタート→コントロールパネル→管理ツールを開きます
  3. 管理ツール「サービス」を起動します
  4. 以下のサービスが起動している場合には終了します
      - BOM5Agent$
      - BOM5Archive$
      - BOM5Helper
      ※には、お客様が指定した任意のインスタンスIDが表示されます
  5. スタート→全てのプログラム→アクセサリ→エクスプローラを選択します
  6. エクスプローラにて、以下のパスを選択します
      [BOM5.0インストールディレクトリ]\Bin
      ※既定では、以下のディレクトリにインストールされます
       [C:\Program Files\SAY Technologies\BOMW5\Bin]
  7. 「Bin」配下にあるファイル「BomOraMon.exe」の名称を「bk_BomOraMon.exe」など、 別名に変更します
  8. 「Bin」配下に修正モジュール「BomOraMon.exe」をコピーします
  9. 項番4で停止したサービスを起動します

SR3向け暗号化データチェック機能修正モジュール