Find us on Facebook

トップダウンロードBOM for Windows>BOM6.0設定変換ツール

BOM for Windows Ver.6.0

BOM6.0設定変換ツール

概要
BOM 6.0 設定変換ツールは、BOM 5.0 の設定ファイルを、BOM 6.0 で読み込める形式に変換するツールであり、以下のプログラムから構成しております。
  • BOM 6.0 設定変換ウィザード(Bom5to6Wizard.exe)
  • BOM 6.0 設定変換コマンド(Bom5to6Cmd.exe)
設定変換作業の詳細につきましては、付属のドキュメントをご参照ください。

変換できる設定内容
  • 動作環境エクスポートファイル
  • 監視設定エクスポートファイル
  • バックアップファイル ※1
※1 変換できるのはCab ファイル形式のみです

注意点
以下の監視項目については、設定内容を再度指定していただく必要があります
  • Oracle 監視(ストアドファンクションの実行)

以下の項目については変換されません
  • ライセンス
  • BOM マネージャーへの接続パスワード ※1
  • BOM Helper サービスへの接続ポート ※1
  • BOM Helper サービスの接続スコープ ※1
  • アーカイブデータベースの登録情報 ※2
  • アーカイブマネージャーの設定
  • ログデータ
  • ポートオプションの設定
  • VMware ログビューアーの設定
  • 集中監視コンソールの設定
※1 BOM 6.0 初期値になります
※2 監視インスタンスのアーカイブ設定内にあるデータベース(アーカイブサーバー)の項目以外を引き継ぎます


動作環境
BOM 6.0 設定変換ウィザード及び、BOM 6.0 設定変換コマンドは以下の環境下で動作いたします。
  • Windows XP (32-bit) SP3 以降
  • Windows Server 2003 (32-bit/64-bit) SP2 以降
  • Windows Server 2003 R2 (32-bit/64-bit) SP2 以降
  • Windows Vista (32-bit/64-bit) SP2 以降
  • Windows Server 2008 (32-bit/64-bit) SP2 以降
  • Windows 7 (32-bit/64-bit) SP1 以降
  • Windows Server 2008 R2 SP1 以降
  • Windows 8 (32-bit/64-bit)
  • Windows Server 2012
  • Windows 8.1 (32-bit/64-bit)
  • Windows Server 2012 R2

動作条件
Bom5to6Wizard.exe と Bom5to6Cmd.exe が同一フォルダーに存在すること

変換後に必要となる作業
  • 変換後は、必ずBOM 6.0 マネージャーで変換された内容を確認してください。
  • 本ツールで自動作成された監視インスタンスについては、ライセンスの設定が行われておりません。BOM 6.0 マネージャーのライセンスマネージャーでライセンスキーの登録を行ってください。
  • ローカル監視用のアカウントを変更する場合、代理監視用のアカウントを設定する場合など、必要に応じてWindowsログインの設定をWindowsのサービスの設定から行ってください。その際、ローカルセキュリティポリシーの権限設定が必要になります。詳細は製品マニュアルを参照してください。

BOM 6.0 設定変換ツール.ZIP


【更新履歴】
2013/06/24 設定変換ツール公開
2014/09/05 対応OS一覧更新