Find us on Facebook

トップニュースプレスリリース>セイ・テクノロジーズ株式会社、サーバー監視ソフトウェア「BOM」Windows 2000 Server/Windows Server 2003で動作するOracle9i Databaseに対応したOracle監視拡張オプションVer2.0を11月17日から出荷開始

2003年

セイ・テクノロジーズ株式会社、サーバー監視ソフトウェア「BOM」Windows 2000 Server/Windows Server 2003で動作するOracle9i Databaseに対応したOracle監視拡張オプションVer2.0を11月17日から出荷開始

各 位 2003年11月12日

セイ・テクノロジーズ株式会社

セイ・テクノロジーズ株式会社、サーバー監視ソフトウェア「BOM」
Windows 2000 Server/Windows Server 2003で動作するOracle9i Database
に対応したOracle監視拡張オプションVer2.0を11月17日から出荷開始


Windowsプラットフォームのサーバー監視ソフトウェア「BOM」で、数多くの実績とユーザーからの支持を得ている、セイ・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:関田充彦)は、Windows 2000 Server/Windows Server 2003で動作する「Oracle9i Database」に対応した『Oracle監視拡張オプションVer2.0』を2003年11月17日(月)から出荷開始いたします。

この『Oracle監視拡張オプションVer2.0』は、「BOM for Windows Ver4.0」の監視機能を拡張するオプション製品で、「Oracle9i Database」の監視機能を提供します。

Windows Server上で稼動する「Oracle9i Database」は、その用途を、情報系から基幹系へ、さらにはインターネットアプリケーション、電子商取引、モバイルアプリケーションへと拡げてきました。
オラクル社は、性能と信頼性を向上した最新のWindows OS 「Windows Server 2003」の出荷開始と共に、「Oracle9i Database Releas2」での対応を発表し、ミッションクリティカルな用途に最適なデータベースシステムを、いち早く提供しています。
『Oracle監視拡張オプションVer2.0』は、Windows Server 2003のリリースと同時に、弊社がリリースしたWindows 2000/Windows Server 2003対応「BOM for Windows Ver4.0」用のOracle9i Database監視に特化したオプション製品です。


■『Oracle監視拡張オプションVer2.0』の概要

 『Oracle監視拡張オプションVer2.0』は、「BOM for Windows Ver4.0」の監視
 サービスが稼動しているOracle9iサーバーに導入し、「Oracle9i Database」を監
 視する機能を提供します。
 一般的なOracleの監視ツールでは、多数の監視機能やパフォーマンスチューニング
 の機能が提供されていますが、高価で、ハイスキルな技術者しか使いこなせないと
 いう難点がありました。
 『Oracle監視拡張オプションVer2.0』は、重要な6つの監視機能に絞ることで、シン
 プルに使える製品になっています。

    ・表領域の使用サイズ(KB)、使用率
    ・表領域の空きスペースの最大サイズ(KB)
    ・インスタンスの起動状態
    ・同時セッション数
    ・エクステント増分回数
    ・ロールバックセグメントの競合状態

 さらに監視機能を拡張したいユーザーは、任意のストアードファンクションを作成
 し、その実行結果による監視が行えるような機能も提供しています。

■対応バージョン及びプラットフォーム

 ・Windows2000 Server上で動作するOracle9i Database Release1 (9.0.1)
 ・Windows 2000 Server SP1以降及び
  Windows Server 2003(32-bit)上で動作するOracle9i Database Release2 (9.2.0)

■出荷開始日

 2003年11月17日(月)

■提供価格

 Oracle監視拡張オプションVer2.0(CD-ROM、1サーバーライセンス)

標準価格 118,000円


 Oracle監視拡張オプションVer2.0サーバー追加ライセンス(10ライセンス)

標準価格 750,000円

■「Oracle監視拡張オプションVer2.0」へのバージョンアップ提供価格

 Oracle監視拡張Ver1.1およびVer1.2パッケージを
 Oracle監視拡張オプションVer2.0パッケージにバージョンアップ

1パッケージにつき/標準価格 20,000円


 Oracle監視拡張Ver1.1およびVer1.2で利用いただいた追加ライセンスを
 Oracle監視拡張オプションVer2.0追加ライセンスにバージョンアップ

1ライセンスにつき/標準価格 10,000円


 *「Oracle監視拡張オプションVer2.0」は、「BOM Ver3.0」では動作いたしません。
  「Oracle監視拡張オプションVer2.0」にバージョンアップする場合は、
  「BOM Ver4.0」へのバージョンアップも必要になります。

■「BOM」について

 「BOM」は、運用管理者に替わって、Windowsサーバーを24時間365日監視するサ
 ーバー監視ソフトウェアです。製品出荷以来多くのユーザー様、インテグレーター
 様、MSP様などの多くの支持を頂き、約18,000ライセンス以上の実績を積み上げ、
 Windowsサーバー監視で広く知られる存在になっています。
 もともとIT技術者自身が自分で使いたいツールとして開発された現場志向の監視ソフ
 トであり、「1台のサーバーから使える」「導入や設定が簡単」などの特徴をもって
 います。
 この「BOM」は、マイクロソフト社の全サーバー製品の監視が可能で、さらに「Ora
 cle監視拡張オプション」、「MetaFrame監視拡張オプション」を使えば、よりレ
 ベルの高い運用が実現します。
 監視対象プラットフォームも順次拡大中で、Windows Powered NASには「BOM NAS
 Edition」、Linuxサーバーには「Linux監視拡張オプション」も提供済みです。

本ニュースリリースの問い合わせ先
 セイ・テクノロジーズ株式会社 広報担当 安藤 和明
 Tel:03-3512-5556 Fax:03-3512-5558
 E-mail:kando@say-tech.co.jp


*記載されている会社名、製品名などは、各社または各団体の商標もしくは登録商標です。