Find us on Facebook

トップニュースインフォメーション>BOM 7.0 集中監視コンソールの AdoptOpenJDK 対応のご案内

2019年

BOM 7.0 集中監視コンソールの AdoptOpenJDK 対応のご案内

[ご案内]
現在 BOM 7.0 集中監視コンソールで利用させていただいている Oracle Java SE 8 は、2019年1月に商用サポートが終了となりました。

この状況について、現在、BOM 7.0 集中監視コンソールをご利用のお客様がセキュリティリスクやコスト負担を意識されることなく今後も安心して継続利用いただけるよう、弊社では以下のように対応させていただきます。

[対応方針]
弊社の方針としまして、BOM は AdoptOpenJDK に移行させていただきます。

AdoptOpenJDK は IBM 社などがスポンサーとなって運営される AdoptOpenJDK プロジェクトによって提供され、無償サポートも 4年間という十分な期間で提供されることを確認しております。

[適用方法]
以下の「BOM for Windows Ver.7.0 SR1 向けアップデートモジュール(201901)」をBOM 7.0 集中監視コンソール(BOM 集中監視 Web サービス)が実行されたコンピューターに適用いただくことで、AdoptOpenJDK へ移行が行われます。
適用方法やモジュールの詳細についてはリンク先のページでご確認ください。

「BOM for Windows Ver.7.0 SR1 向けアップデートモジュール(201901)」
http://www.say-tech.co.jp/download/windows/bomw70_sr1_update_201901.shtml/