Find us on Facebook

トップダウンロードBOM for Windows>[BOM6.0のみ公開停止] BOM for Windows Ver.5.0 / 6.0 向け サーバー診断レポートオプション / Report オプション 修正モジュール

BOM for Windows

[BOM6.0のみ公開停止] BOM for Windows Ver.5.0 / 6.0 向け サーバー診断レポートオプション / Report オプション 修正モジュール

[はじめに]
BOM for Windows Ver.6.0については、本修正内容を含む更新されたモジュールが公開されていることに伴い、本ページでのモジュール公開を停止いたします。
今後は「BOM for Windows Ver.6.0 SR2 バージョンアップインストーラ」をご利用ください。

[ご案内]
適用を推奨するバージョン:BOM for Windows Ver.5.0 SR4 , BOM for Windows Ver.6.0 SR1

本修正モジュールは、サーバー診断レポートオプション / Report オプションを使用し、診断レポートを出力されている場合に適用していただくことを強く推奨いたします。

[修正内容]
【BOM5】

  • 「ハードディスク使用率」等の監視で、6本以上のディスクの監視が行われていた 場合サーバー診断レポート内のサーバー診断結果欄に「注意」や「高負荷」が出力されていないにも関わらず、総合評価部分が「Warning」や「Bad」と診断されてしまう。
  • ネットワーク系の監視で、3つ以上のネットワークカードの監視が行われていた 場合サーバー診断レポート内のサーバー診断結果欄に「注意」や「高負荷」が出力されていないにも関わらず、総合評価部分が「Warning」や「Bad」と診断されてしまう。
  • サマリーシート(◆ネットワーク診断結果:診断項目)においてNIC1にNIC2の名前、NIC2にNIC1の名前が入っているため、診断状況およびコメントが逆の状態で表示されている。
    過去比較情報シート(◆ネットワーク診断結果)においても同様に診断項目のNIC名が逆の状態で表示されている。

【BOM6】

  • サマリーシート(◆ネットワーク診断結果:診断項目)においてNIC1にNIC2の名前、NIC2にNIC1の名前が入っているため、診断状況およびコメントが逆の状態で表示されている。
    過去比較情報シート(◆ネットワーク診断結果)においても同様に診断項目のNIC名が逆の状態で表示されている。
  • ファイルシステム「btrfs」でフォーマットされたディスクでサブボリューム機能を使用し複数箇所にマウントポイントを設定している場合、レポート出力時に正常に出力ができずレポート作成ウィザードが異常終了していた。

[適用手順]
モジュールの適用方法につきましては、以下のリンクよりダウンロードしたアーカイブに同梱されている「ReadMe.txt」をご参照ください。

【BOM5用】BOM for Windows Ver.5.0 向け サーバー診断レポートオプション 修正モジュール

【BOM6用】BOM for Windows Ver.6.0 向け Report オプション 修正モジュール

[更新履歴]
2015/08/03 初版公開
2018/11/07 BOM for Windows Ver.6.0 用モジュールのみ公開を停止