Find us on Facebook

トップダウンロードBOM for Windows>[公開停止] BOM for Windows Ver.6.0 向け イベントログ監視(Vista,Server 2008 以降) 修正モジュール

BOM for Windows

[公開停止] BOM for Windows Ver.6.0 向け イベントログ監視(Vista,Server 2008 以降) 修正モジュール

[ご案内]

適用を推奨するバージョン:BOM for Windows Ver.6.0

本モジュールは、BOM for Windows Ver.6.0 のイベントログ監視(Vista,Server 2008 以降)で発見された以下の事象について、機能上の問題を修正するためのモジュールです。

・イベントログを監視する際、以下の設定を行っていた場合、すでにイベントログ監視で検知済みまたは、過去に出力されているイベントを検知してしまう。

【設定内容】(以下の条件を全て含んだ場合)
 1. イベントログ監視の設定タブにて一つ以上のソース/チャネルを指定
 2. 拡張処理タブ内にあるイベントログの監視範囲で「監視サービス停止中に記録されたイベントログを監視から除外する」を選択

【発生条件】
 上記の設定を行っていた際、監視サービス再起動後または監視項目を無効から有効へ変更した後の2回目の監視にて発生

[注意事項]
本修正モジュールは、BOM for Windows Ver.6.0 + BOM 6.0 Rollup Package 2014.4.15適用済み環境専用モジュールです。

BOM 6.0 Rollup Package 2014.4.15を適用していないお客様は、BOM 6.0 Rollup Package 2014.4.15を実施のうえ、本モジュールを適用してください。

BOM for Windows Ver.6.0 SR1 2015.01の公開に伴い、BOM for Windows Ver.6.0 向け修正モジュールの公開を停止しました。
BOM for Windows Ver.6.0 をご利用のお客様は、本修正内容を含んでいるバージョンアップインストーラーを使用し、
BOM for Windows Ver.6.0 SR1 2015.01を適用してください。

[適用の確認方法]
「BOM6.0コントロールパネル」から[バージョン]タブを選択し、[ファイルバージョン]ボタンを押して表示される[ファイルバージョン一覧]で確認します。
・MxEvtlogMon.exe ( 6.0.0.56 )より前のバージョンの場合
 "BOM 6.0 Rollup Package 2014.4.15"はまだ適用されておりませんので、適用いただいた後、本モジュールを適用して下さい。
・MxEvtlogMon.exe ( 6.0.0.56 )の場合
 "BOM 6.0 Rollup Package 2014.4.15"を適用済みですので、本モジュールを適用して下さい。

[修正内容]

本モジュールの修正点は以下となります。

・イベントログ監視にてチャネル/ソースの指定かつ、「監視サービス停止中に記録されたイベントログを監視から除外する」が選択されている場合に、イベントログファイルの最新のイベントログレコードIDを取得するように変更いたしました。

[適用手順]

モジュールの適用方法につきましては、以下のリンクよりダウンロードしたアーカイブに同梱されている「ReadMe.txt」をご参照ください

BOM for Windows Ver.6.0 向け イベントログ監視(Vista,Server 2008 以降) 修正モジュール

[更新履歴]
2015年2月16日 BOM for Windows Ver.6.0 SR1 2015.01の公開に伴いBOM for Windows Ver.6.0向け修正モジュールを公開停止