Find us on Facebook

トップダウンロードBOM for Windows>[公開停止] Oracle Java 脆弱性(CVE-2014-4227等)に対応した修正モジュール

BOM for Windows

[公開停止] Oracle Java 脆弱性(CVE-2014-4227等)に対応した修正モジュール

[ご案内]

適用を推奨するバージョン:BOM for Windows Ver.6.0 集中監視Webサービス

本モジュールは、以下の技術情報に掲載したOracle Java 脆弱性に対応した修正モジュールです。

Oracle Java 脆弱性(CVE-2014-4227等)の弊社開発製品への影響について

[注意事項]
本修正モジュールは、BOM for Windows Ver.6.0 専用です。

BOM for Windows Ver.6.0をご利用のお客様は、BOM 6.0 Rollup Package 2014.4.15を実施のうえ、本モジュールを適用してください。

BOM for Windows Ver.6.0 SR1 2015.01の公開に伴い、BOM for Windows Ver.6.0 向け修正モジュールの公開を停止しました。
BOM for Windows Ver.6.0 をご利用のお客様は、本修正内容を含んでいるバージョンアップインストーラーを使用し、
BOM for Windows Ver.6.0 SR1 2015.01を適用してください。

[適用の確認方法]
「BOM6.0コントロールパネル」から[バージョン]タブを選択し、[ファイルバージョン]ボタンを押して表示される[ファイルバージョン一覧]で確認します。
・MxEvtlogMon.exe ( 6.0.0.56 )より前のバージョンの場合
 "BOM 6.0 Rollup Package 2014.4.15"はまだ適用されておりませんので、適用いただいた後、本モジュールを適用して下さい。
・MxEvtlogMon.exe ( 6.0.0.56 )以降の場合
 "BOM 6.0 Rollup Package 2014.4.15"を適用済みですので、本モジュールを適用して下さい。

[修正内容]

本モジュールの修正点は以下となります。

・BOM 集中監視Webサービスで使用しているJRE(Java Runtime Environment)のバージョンを「jre7u5」から「jre7u65」へ変更

[適用手順]

モジュールの適用方法につきましては、以下のリンクよりダウンロードしたアーカイブに同梱されている「ReadMe.txt」をご参照ください


※対応モジュールの容量は約92MBあります

BOM for Windows Ver.6.0 向け Oracle Java 脆弱性(CVE-2014-4227等)対応修正モジュール

[更新履歴]
2015年2月16日 BOM for Windows Ver.6.0 SR1 2015.01の公開に伴いBOM for Windows Ver.6.0向け修正モジュールを公開停止