Find us on Facebook

トップダウンロードBOM for Windows>VMware オプション Ver.6.0 SR2 向けパフォーマンスカウンター/ハードウェアステータス仕様変更修正モジュール

BOM for Windows

VMware オプション Ver.6.0 SR2 向けパフォーマンスカウンター/ハードウェアステータス仕様変更修正モジュール

[ご案内]
適用可能なバージョン:VMware オプション Ver. 6.0 SR2

本修正モジュールは、VMware ESXi6.0を監視するパフォーマンスカウンター監視と ハードウェアステータス監視で、カウンターがNULLもしくは空となった場合 ステータスを失敗とせずに正常としたい環境に適用してください。

[注意事項]
本モジュール適用により従来の仕様と変更されている為、適用する際には環境条件を再度ご確認のうえ、適用をお願いいたします。
※本モジュールは必ずしも適用していただく必要は有りません

本修正モジュールは、VMware オプション Ver.6.0 SR2 専用です。
BOM for Windows Ver.6.0 SR 1 をご利用のお客様は、
BOM for Windows Ver.6.0 SR2バージョンアップインストーラにて、SR2にアップグレードの上で適用してください。

[修正内容]

・VMWare ESXi のパフォーマンスカウンターやハードウェアステータスを監視した際、返却された値がNULLや空データだった場合に監視ログのステータスを正常、値を(N/A)、コードを1と表示させます。

[適用手順]
モジュールの適用方法につきましては、以下のリンクよりダウンロードしたアーカイブに同梱されている「ReadMe.txt」をご参照ください

BOM VMware オプション Ver.6.0 SR2 向けパフォーマンスカウンター及び、ハードウェアステータス仕様変更修正モジュール