Find us on Facebook

トップダウンロードBOM for Windows>BOM for Windows Ver.6.0 SR2 バックアップウィザード 修正モジュール

BOM for Windows

BOM for Windows Ver.6.0 SR2 バックアップウィザード 修正モジュール

[ご案内]
適用可能なバージョン:BOM for Windows Ver.6.0 SR2

本修正モジュールを適用することにより、BOM6.0 SR無し、SR1、SR2 のバックアップウィザードに存在する以下の不具合が修正されます。

  • BOM 6.0 コントロールパネルの「ツール」タブにある「バックアップ」について、「インスタンスのパスワードとSMTP,SNMP,オプション製品のパスワードを削除」にチェックを入れてバックアップを取得すると、取得したバックアップファイルに含まれるパスワード情報は削除されず、バックアップ元の BOM 上に設定されているパスワードが削除される。

    上記の「パスワード」には、代理監視、Linux、VMware、Citrix、Oracle、SQLの各監視インスタンスに設定されたパスワードと、SMTP、SNMPのパスワードが含まれます。

[注意事項]
本アップデートモジュールは BOM for Windows Ver.6.0 SR2 専用ですので、BOM for Windows Ver.6.0 SR無し~SR1 をご利用の場合は本モジュールを適用される前に必ず「BOM for Windows Ver.6.0 SR2 バージョンアップインストーラ」を適用してください。
また、次の脆弱性対応モジュールが未適用の場合は、本アップデートモジュールの適用前に以下の順であらかじめ適用してください。

  1. OpenSSL脆弱性(CVE-2016-0702)対応モジュール
  2. BOM for Windows Ver.6.0 SR2 gSOAP 脆弱性(CVE-2017-9765)対応修正モジュール
  3. BOM for Windows Ver.6.0 SR2 OpenSSL脆弱性(CVE-2018-0739)対応モジュール

各モジュール個別の適用方法についてはそれぞれに同梱された Readme ファイルを確認してください。

[モジュールの変更点]

  • Bom6Helper.dll のバージョンを 6.0.20.16 としました。
  • MxSysConf.exe のバージョンを 6.0.20.19 としました。

[適用手順]
モジュールの適用方法につきましては、以下のリンクよりダウンロードしたアーカイブに同梱されている「readme.txt」をご参照ください

BOM for Windows Ver.6.0 SR2 バックアップウィザード 修正モジュール