BOM for Windows Ver.7.0 SR3
価格・ライセンスポリシー

価格情報

BOM for Windows Ver.7.0 パッケージ
製品名 標準価格(税別) 型番 / JANコード
BOM for Windows Ver.7.0 基本パッケージ
(1ライセンス、DVD-ROM、 5インシデント:3ヵ月有効)
¥148,000 B70-SV-1P / 4582102403003
  BOM for Windows Ver.7.0 サーバー追加ライセンス 1ライセンス ¥130,000 B70-SV-1L / 4582102403010
10ライセンス ¥900,000 B70-SV-10L / 4582102403027
50ライセンス ¥3,750,000 B70-SV-50L / 4582102403034

 

BOM for Windows Ver.7.0 対応オプション製品
製品名 標準価格(税別) 型番 / JANコード
BOM Oracle オプション Ver.7.0
パッケージ(1 ライセンス、DVD-ROM)
¥118,000 BOR-70-1P / 4582102403041
BOM Oracle オプション Ver.7.0
10 ライセンス
¥750,000 BOR-70-10L / 4582102403058
BOM SQL Server オプションVer.7.0
パッケージ(1 ライセンス、DVD-ROM)
¥118,000 BSQ-70-1P / 4582102403102
BOM SQL Server オプションVer.7.0
10 ライセンス
¥750,000 BSQ-70-10L / 4582102403119
BOM Linux オプション Ver.7.0
パッケージ(1 ライセンス、DVD-ROM)
¥118,000 BLI-70-1P / 4582102403065
BOM Linux オプション Ver.7.0
10 ライセンス
¥750,000 BLI-70-10L / 4582102403072
BOM VMware オプション Ver.7.0 ¥118,000 BVM-70-1P / 4582102403096
BOM Report オプション Ver.7.0
パッケージ(1 ライセンス、DVD-ROM)
¥98,000 BRP-70-1P / 4582102403089
BOM for Windows Ver.7.0
ゲストOS用追加ライセンス 1ライセンス
¥70,000 B70-SV-1VL / 4582102403126
BOM Linux オプション Ver.7.0
ゲストOS用追加1ライセンス
¥70,000 BLI-70-1VL / 4582102403133
BOM for Windows Ver.7.0 ゲストOS用追加ライセンス
50ライセンス(Windows/Linux)
¥1,500,000 B70-SV-50VL / 4582102403140

 

インシデントサポート
製品名 標準価格(税別) 型番 / JANコード
インシデントサポート 5インシデント(6ヶ月有効) ¥100,000 BOM-SP-5I / 4582102390655
10インシデント(6ヶ月有効) ¥180,000 BOM-SP-10I / 4582102390662
20インシデント(1年間有効) ¥300,000 BOM-SP-20I / 4582102390679

バージョンアップについて

バージョンアップ製品一覧
製品名 標準価格(税別) 型番 / JANコード
旧パッケージからVer.7.0(基本パッケージ) ¥30,000 B70-SV-UP / 4582102403157
旧ライセンスから Ver.7.0 へのバージョンアップ(1ライセンスにつき) ¥20,000 B70-SV-LUP / 4582102403164
Oracle オプション 旧 Ver. から Ver.7.0 ¥20,000 B70-OR-PUP / 4582102403171
Linux オプション 旧 Ver. から Ver.7.0 ¥20,000 B70-LI-PUP / 4582102403188
VMware オプション 旧 Ver. から Ver.7.0 ¥20,000 B70-VM-PUP / 4582102403201
SQL Server オプション 旧 Ver. から Ver.7.0 ¥20,000 B70-SQ-PUP / 4582102403218
Report オプション 旧 Ver. から Ver.7.0 ¥20,000 B70-RP-PUP / 4582102403195

インシデントサポートについて

インシデントサポートをご利用いただけるサービス一覧
サービス名  
テクニカルサポート 回答方法 対応レベル 必要なインシデントサポート数
E-Mail / FAXによる回答 C(3 営業日以内の回答) 1
B(2 営業日以内の回答) 2
A(1 営業日以内の回答) 3
電話による回答 C(3 営業日以内の回答) 2
B(2 営業日以内の回答) 3
A(1 営業日以内の回答) 4
BOM トレーニング コース名 受講可能人数 必要なインシデントサポート数
BOMユーザートレーニング 導入編(1days) 1 名 2
BOMユーザートレーニング 実践編(1days) 1 名 2
  • テクニカルサポートへのお客様からのご質問受付は、すべてE-MailもしくはFAXで承ります。お電話でのご質問は受けておりません。
  • BOM ユーザートレーニングは、各コースともに 1 名様の受講につき、2 インシデントが必要です。また別途有償(お一人様40,000円 税別)で受講いただくことも可能です。
  • BOM ユーザートレーニングの会場は、セイ・テクノロジーズ本社です。
  • 無償のハンズオントレーニングも定期開催しております。最新の情報については「トレーニング・イベント」ページをご覧ください。

 

インシデントサポートの利用開始期限と有効期限について

製品添付、またはインシデントサポート製品には、「有効期限」と「利用開始期限」の2種類の期限がございます。

 

■ 有効期限

製品添付、またはインシデントサポート製品のインシデントは、「インシデントサポートをご利用いただけるサービス一覧」で挙げた各種サービスをご利用いただくことで、初めて利用開始日が設定されます。
有効期間内であればいつでもインシデントをご利用いただけますが、有効期限を過ぎてしまいますと、そのインシデントは無効となりご利用いただけません。

【例】 2020年1月1日に「10インシデント(6ヶ月有効)」を「テクニカルサポート(E-Mail、対応レベルC)」でご利用いただいた場合

  • 2020年6月30日まで、残り9インシデントを使用してサポート/トレーニング受講が可能です。
  • 2020年7月1日を迎えた時点で、残インシデントは無効となり、ご利用いただけなくなります。
  • 10インシデントをすべて消費してしまった場合、7月1日を待たず、そのインシデントはご利用いただけなくなります。

 

■ 利用開始期限

弊社インシデントサポート製品には、製品出荷時から 3 年間の利用開始期限を設けております。製品出荷から 3 年後までにインシデントサポートをご利用いただかなかった場合、そのインシデントサポートは無効となり、ご利用いただくことができません。
なお、これは利用開始の制限ですので、使用を開始されてからの有効期間には影響がありません。

【例】2018年1月1日に出荷されたBOM for Windows 基本パッケージのインシデントサポート(5インシデント:3ヵ月有効)をご利用いただく場合

  • 2020年12月31日までご利用いただかなかった場合、そのインシデントはご利用いただけません。
  • 2020年11月30日に「テクニカルサポート(E-Mail、対応レベルC)」をご利用いただいた場合、残りの4インシデントは2021年2月28日までご利用いただけます。

ライセンスポリシー

必要ライセンス数の計算方法

 

price_1

 BOM for Windows(BOM)導入の際にご購入いただく必要のあるライセンス数は、『BOM で監視するコンピューターの総数』です。 監視の対象でないコンピューターに、BOM マネージャーやアーカイブマネージャー、集中監視コンソールをインストールして使用する場合は、追加でライセンスを購入する必要はありません。
※ 1 インスタンスに作成できる監視項目数は 200 までという制限がありますので、1 台のコンピューターに 200 以上の監視項目を作成される場合は、そのコンピューターに追加で 1 ライセンス(1 インスタンス)が必要となります。
※ 代理監視をご利用になる場合は、監視される(代理監視先)コンピューター台数分のライセンスが必要です。

 

 BOM for Windows Ver.5.0 以降は、クライアント OS に対するインストールおよび監視が無償となりました。クライアント OS にインストールする場合は、まず BOM for Windows 基本パッケージを1つご購入ください。ご購入いただいたパッケージに含まれるメディアから、複数のクライアント OS に BOM for Windows をインストールしてご利用いただけます。
※ クライアント OS を代理監視する場合には、別途ライセンスをご購入いただく必要があります。
※ クライアント OS で運用されている BOM について、技術的なご質問をいただく場合は、有効なインシデントが必要となります。

 

【ご注意】「1台のコンピューター」の定義について
 従来、「1台のコンピューター」といえば、「一つの筐体に一つのオペレーシングシステムが動作しているもの」でしたが、昨今、テクノロジーの進化が激しく、クラスタサーバーや、仮想 OS、FT サーバーなどの出現で、この定義自体があいまいになっております。
 弊社では、必要ライセンス数を計算する場合の「1台のコンピューター」の定義を、「一つのオペレーシングシステムが動作しているもの」と定義します。 クラスタサーバー上で稼動する仮想サービスにつきましても、仮想化環境に OS のリソース(ハードディスク、IP アドレスなど)を割り当てるため、「1台のコンピューター」として扱います。

 

オプション製品のライセンスについて

オプション製品のご購入の際に必要なライセンスについては、すべてのバージョンにおいて以下のとおりです。

 

BOM Oracle オプション Ver.7.0 監視対象とする Oracle Database サーバーの台数
BOM Linux オプション Ver.7.0 監視対象とする Linux サーバーの台数
BOM VMware オプション Ver.7.0 監視対象とする VMware サーバーの台数
BOM SQL Server オプション Ver.7.0 監視対象とする SQL Server サーバーの台数
BOM Report オプション Ver.7.0 BOM レポートオプション(BOM 7.0 レポート作成ウィザード)を導入するコンピューターの台数