BOM for Windows Ver.7.0 SR3
システム要件

ソフトウェア動作環境

BOM for Windows Ver.7.0 SR3 基本パッケージ サポート OS (※1)
OS エディション サービスパック / Update
Windows 7 ※5 Professional Edition (64-bit) SP1
Enterprise Edition (64-bit)
Ultimate Edition (64-bit)
Windows Server 2008 R2 (※2、※5) Standard Edition SP1
Enterprise Edition
Datacenter Edition
Windows Server 2012 (※2、※5) Standard Edition Updateなし
Datacenter Edition
Windows 8.1 (※5) Pro Edition (64-bit) Update1
Enterprise Edition (64-bit)
Windows Server 2012 R2 (※2、※5) Standard Edition Update1
Datacenter Edition
Windows 10 Pro Edition (64-bit) バージョン 1511以降
Enterprise Edition (64-bit)
Windows Server 2016 (※2) Standard Edition バージョン 1607 以降
Datacenter Edition
Windows Server 2019 (※2) Standard Edition
Datacenter Edition
Windows Storage Server 2012 (※3、※4) (64-bit) Updateなし
Windows Storage Server 2012 R2 (※3、※4) (64-bit) Update1
Windows Storage Server 2016 (※3、※4) (64-bit) Updateなし
Windows Server IoT 2019 for Storage (※3、※4) (64-bit) Updateなし

※1 OSへの対応検証はサービスパック単位となっており、個別パッチ(Hotfix、QFEなど)毎の検証は行っておりません。ただし、個別パッチがBOMの動作に影響を与える場合は、当Webサイト上で情報を提供いたします。

※2 Server Core インストールの場合、代理監視機能によるエージェントレス監視のみサポートしております。

※3 Storage Server製品群では、BOMオプション製品は動作対象外です。

※4 Windows Storage Server は代理監視機能によるエージェントレス監視のみサポートしております。

※5 BOM のインストール前に適用が必要な Windows の更新プログラムがあります。同梱のインストールマニュアルを参照して適用してください。

BOM アーカイブ サポートデータベース (※1)
データベース名 エディション
SQL Server 2008 (32-bit/64-bit) Express Edition (※2)
Workgroup Edition
Standard Edition
Enterprise Edition
SQL Server 2008 R2 (32-bit/64-bit) Express Edition (※2)
Workgroup Edition
Standard Edition
Enterprise Edition
SQL Server 2012 (32-bit/64-bit) Express Edition (※2)
Standard Edition
Business Intelligence
Enterprise Edition
SQL Server 2014 (32-bit/64-bit) Express Edition (※2)
Standard Edition
Business Intelligence
Enterprise Edition
SQL Server 2016 Express Edition (※2)
Standard Edition
Enterprise Edition
SQL Server 2017 Express Edition (※2)
Standard Edition
Enterprise Edition
SQL Server 2019 Express Edition (※2)
Standard Edition
Enterprise Edition

※1 各データベースが動作する OS は、それぞれのデータベースの動作要件に準拠します。BOM 7.0 アーカイブデータベースは認証モードが SQL 混合認証でなくてはなりません。

※2 アーカイブ DB として Express Edition を使用することができますが、一部の機能が利用できません。アーカイブ対象コンピュータが数台の小規模環境、もしくは評価環境での利用を推奨いたします。(制限事項の詳細はユーザーズマニュアル等をご確認ください)

ハードウェア動作環境

基本条件 Intel64 (x64) アーキテクチャ準拠のコンピューター
もしくは、VMware、Hyper-V など、仮想的に同アーキテクチャを再現できる環境
マルチ CPU に対応(OS のサポート範囲に準拠)
CPU OS の推奨環境に準拠
メモリー 搭載メモリ量 OS の推奨環境に準拠
BOM動作時の占有メモリ容量 1 インスタンス辺り 20MB
ディスク容量 インストール時の占有ディスク容量 50MB
運用時の容量 監視項目数やログデータ量の増加のため 3GB を推奨
ディスプレイ 解像度 800×600 以上の解像度、推奨 1024×768 以上
色数 256 色以上

集中監視コンソール WEB サービス動作環境

CPU Intel Pentium 以降 1GHz デュアルコア CPU 以上
メモリー 1GB 以上搭載の物理メモリ
512MB 以上の空きメモリ
LANアダプター 100BASE-TX 以上
ディスク容量 インストール時の容量 200MB の空き容量
運用時の容量 500MB の空き容量
追加1インスタンスあたり、200MB程度の空き容量(ポーリング 5分、保持期間 30日)
OS BOM 7.0 のサポート OS に準拠

集中監視コンソール動作要件

表示検証ブラウザー Internet Explorer 10, 11 にて表示検証
Microsoft Edge 44.17763.1.0 にて表示検証
Google Chrome 64bit 用 71.0.3578.98 にて表示検証

BOMバージョン情報

メディアバージョン (※1) 変更点
2017/03 B7 DVD 初版リリース
2017/11 SR1 DVD SR1 リリース
2019/04 SR2 DVD SR2 リリース
2020/05 SR3 DVD SR3 リリース

※1 メディアバージョンはインストールメディアの表面に印字されています。